ブログ

2008.06.20

プレスボール(プレスシンク)

明日、6月21日(土)と22日(日)、高橋製作所はお休みになります

日曜日はともかく、土曜日は稼働しておりますため、念のため・・・

・・・と、言うのは

ほぼ毎年恒例の社員研修(旅行)に行くためです。

研修と言うからには、今後の仕事に活かすために・・・・・
 
昼間っから酒飲んできます!  ( ̄ノ日 ̄) グビグヒ

温泉に浸かってきます!  ~~(# ̄∇ ̄#)~~ キモティ
 
美味い物食べてきます!  ( ̄3 ̄)=3 げぷ

(研修の様子は、来週の月か火か水曜日頃UP予定!
  
・・・さて、本日は、高橋製作所で製作した品物ではございません。
          ↓ こちらです。
プレスボール。もしくは、プレスシンク。と呼ばれるシンクです。
『プレスシンク作れますか?』
 
とか
 
『プレスシンクと手板金シンクってドコが違うの?』

とか
 
『プレスシンクってなんですか?』

と、言うようなご質問がよくありますので、

今日は、プレスボール(プレスシンク)について。

(手板金シンクとの違いについてはこちらを参考にして下さい。)

プレスボールの特徴としましては、

①シンクのRが大きめ↓
お掃除がラクですね。
『プレスシンク作れますか?』
 
とか
 
『プレスシンクと手板金シンクってドコが違うの?』

とか
 
『プレスシンクってなんですか?』

と、言うようなご質問がよくありますので、

今日は、プレスボール(プレスシンク)について。

(手板金シンクとの違いについてはこちらを参考にして下さい。)

プレスボールの特徴としましては、

①シンクのRが大きめ↓
③表面仕上げは梨地仕上げ。↑
一枚の板をプレスして作るので、この仕上げになると思われます。
(ステンレス板をベンダーで曲げて、曲げた所をよ~く見ると、
H.Lの板でもその部分は梨地になってますね。)
④値段が安い。

これは手板金シンクに比べてですが、

一つ一つ手造りしてる会社からすると、凄~く安く感じます。
 
プレスシンクのデメリットは、(技術紹介のページにもありますが、) 

①寸法を変更出来ない。

これに関しては、種類がたくさんありますので、近いものから選ぶ形で。
 
②板が薄い。

一枚板(0.8㍉)をプレスして作るので、薄い所では0.6㍉位になる。

これに関しては、使ってみるとそんなに気にならない。

強いてて言えば、カップ焼きそばのお湯を捨てると、“ボぉン”と鳴る。

(手板金でも1.0位だと鳴るカナ?)

③こだわりで、キッチンを作って行った場合、プレスボールだとちょっと(見た目が)弱い?

(これは私、個人の意見です。)
 
・・・・つまり、 
 
よっぽど、こだわりがなければ、プレスボールは良いと思いますよ。
 
高橋製作所は手板金シンクを製作しております。