トップ » 用語集 » さ

酸洗

ステンレス溶接後のヤケの除去、表面の洗浄


takahasi seisakusyo

316(サンイチロク)

SUS316(さす・さんいちろく):SUS304を基に、
ニッケル量を増やし、モリブデンを2~3%添加した鋼種。
モリブデンの添加により、耐酸性、耐熱性が向上する。
化学薬品・海水などを扱う環境などで、
SUS304では耐久性・耐食性に劣る場合に使用する。
モリブデンは、高価な元素なので、材料もその分高価になる。
入手できる材料の形状は、SUS304に比べて多少制約がある。
外観では、SUS304とSUS316は見分けがつかない。

takahasi seisakusyo

304(サンマルヨン)

 SUS304(さす・さんまるよん):クロム18%、ニッケル8%を含む。
この含有率(%)をもって、18-8ステンレスと表すことがある。
耐食性・耐熱性良好で、最も一般的に使用されている。
また、板、パイプ、アングル、丸棒など
様々な形状の材料が造られていて、入手しやすい。
塩素や酸の強い環境では腐食がおきる。
溶接の熱影響を受けたところで、腐食割れをおこすことがある。
耐熱温度は、700~800℃が目安。
熱膨張率が大きいので、熱歪みを抑える加工方法の工夫が大切。
通常、ステンレスというとこの鋼種を使用することが多い。

オーステナイト系ステンレスの基本鋼種。

takahasi seisakusyo

サンダ掛け

DVC00022.JPG

サンダ(sander)を使って削ることです。

takahasi seisakusyo

サンダ(sander)

DVC00138.JPG

削るための道具です。
ちなみに、雷は、(thunder)です。

takahasi seisakusyo

SUS

ステンレス鋼を「ステン」とか「サス」と呼ぶことがある。

前者はステンレスの略であるが、
「ステンレス=汚れない」から否定辞lessを省いて
その特性と正反対の「汚れ」と呼ぶ奇妙な慣習となっている。
後者は品種番号のプリフィックス「SUS」を英語読みした呼び方([sΛs])である。
数字のついた鋼は混同しない場合に限り、
SUS304を「サス・さんまるよん」とか、単に「さんまるよん」と呼ぶことがある。

(Wikipedia)より

takahasi seisakusyo

■ 最新用語集
 
会社概要
製品紹介
技術紹介

用語集
用語集
Copyright (C) 2006 Takahashi Seisakusyo. All Rights Reserved.ホームページ制作