真鍮

黄銅(真鍮)は、銅Cu と亜鉛Zn の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。

適度な強度、展延性を持つ扱いやすい合金として
約350年ほど前から広く利用されるようになった。
日本で現在発行されている五円硬貨の素材もこの黄銅である。
また、金に似た美しい黄色の光沢を放つことから金の代用品にもされ
poorman's gold(貧者の金)と呼ばれ
日本の時代劇において小道具として使われる偽の小判も真鍮製のものが多い。
日本では仏具、多くの金管楽器などに多用されている。
金管楽器の別名であるブラス(brass)は黄銅の英名に由来している。

(Wikipedia)より

takahasi seisakusyo

シーム溶接

シーム溶接とは
ローラー型(円盤型)電極で被溶接物を上下ではさみ加圧及び通電を行い、
そのまま回転させて連続的に溶接する抵抗溶接の一つです。

takahasi seisakusyo

■ 最新用語集
 
会社概要
製品紹介
技術紹介

用語集
用語集
Copyright (C) 2006 Takahashi Seisakusyo. All Rights Reserved.ホームページ制作