比重

比重(ひじゅう)とは
ある物質の質量と、それと同体積の基準となる物質の質量との比である。

通常、固体及び液体については水(温度を指定しない場合は4℃)、
気体については、同温度、同圧力での空気を基準とする。

質量同士の比であるので無次元量となる。
通常の水(内陸部)の約4℃での大気圧下の空気等が解けていないときの密度は0.999972g/cm3で、ほとんど1.0g/cm3であるから、比重と密度の値は、CGS単位系で表すと,数値的にほぼ同じ値となる。

また、比重が1よりも大きい物質は水に沈み、1よりも小さい物質は水に浮く。

密度と比重は混同されるが、密度は質量と体積の関係であり、
比重は水と比べた量であるという点で異なったものである。
よって、物質が水に浮く沈むというのは、
密度よりも比重によっての方が判断しやすい。

(Wikipedia)より

takahasi seisakusyo

■ 最新用語集
 
会社概要
製品紹介
技術紹介

用語集
用語集
Copyright (C) 2006 Takahashi Seisakusyo. All Rights Reserved.ホームページ制作