トップ » 用語集 » オーステナイト系ステンレス

オーステナイト系ステンレス

磁性のない鋼種は、主要添加元素がクロム(Cr)とニッケル(Ni)です。
記号では、3百番台の数字がつき、オーステナイト系ステンレスと呼びます。
ニッケルが入ることで、耐食・耐熱性が向上します。
価格は、フェライト系ステンレスより高価です。
ニッケル系ステンレスと呼ぶこともあります。
厳しい加工や溶接で素材が変質した部分は、
磁性を少し帯びたり腐食しやすくなります。

by tahkahasi seisakusyo

■ 最新用語集
 
会社概要
製品紹介
技術紹介

用語集
用語集
Copyright (C) 2006 Takahashi Seisakusyo. All Rights Reserved.ホームページ制作