トップ » スタッフブログ » 大型浴槽2

大型浴槽2

前回からのつづきです・・・・。

浴槽の壁の部分がとりついたら、次は各コーナー部分を溶接して
仕上げていきます。

DSCF4106.jpg

DSCF4108.jpg


コーナーの縦の部分や・・・・・

DSCF4116.jpg

DSCF4117.jpg

底の部分や・・・・・

DSCF4122.jpg

上の部分などを溶接して仕上げていきます。

DSCF4114.jpg

この大きさゆえ、起こすのも大変です。

DSCF4119.jpg

溶接も床に寝転がってしなければならない場所もありました(;一_一)。
あっ!写真が横向きのままでした、失礼!!

DSCF4123.jpg

浴槽本体が完成したら、次は外側です。まず、アジャストを取り付ける
台座を取り付けます。


DSCF4125.jpg

DSCF4126.jpg


次に、四方の壁と底に補強を取り付けます。これはお湯を張ったときに
浴槽自体が水圧によって膨らまない様にするためです。
これでほぼ完成です。
次は研磨です。

DSCF4130.jpg

DSCF4128.jpg

あまりに大きすぎるため、研磨屋さんまで運べないので出張してもらいました。
研磨も1日がかりでした。

DSCF4131.jpg

そして最後はこれ。当社でも初めての作業です。
これは2液タイプの発砲ウレタンで、これを浴槽の外側に吹き付けていきます。

DSCF4135.jpg

これでお湯が冷めにくくなります。
見た目はまるで蒸しパン見たいです。

DSCF4136.jpg

全体に吹き付けるのに小一時間かかりました。

DSCF4138.jpg

レベルを出すためのアジャストを取り付けて・・・・

DSCF4140.jpg

梱包して・・・・・

DSCF4141.jpg

出荷です。これまた大きすぎて荷台からはみ出てますがなんとか運べました。
以上、大型浴槽の巻きでした。


by tahkahasi seisakusyo

コメントを投稿

(スパムコメント防止の為、ブログのオーナーの承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

■ スタッフブログ
 
会社概要
製品紹介
技術紹介

用語集
用語集
Copyright (C) 2006 Takahashi Seisakusyo. All Rights Reserved.ホームページ制作